外付けhddの修理はセーフティ&セキュリティで選ぶ

PC

異常に気づくことが大事

PC

もし企業や事務所の中にIT部門の専門家がいれば、その人に普段のメンテナンス、あるいはシステムの構築を依頼できるので便利です。しかし、いない場合に外付けhddで何か不具合が起きた場合は専門の企業に修理を任せた方が無難であるといえます。自己判断をして中途半端に作業をしてしまえば故障は被害を拡大してしまうことが多いです。そうなれば外付けhddに保管されている大切なデータが二度ともどってこないこともありうるのです。被害を最小限に抑えるためにデータ復旧業者を頼りましょう。
ITの専門家がいない場合でも、最低限のパソコンの扱い方は知っていた方が良いといえます。外付けhddに不具合が起こっていることを気付かずにそのまま使ってしまうことも十分あり得るからです。いつもと動作が違うと感じた場合にすぐに対応できるような知識は備えておくことが大切です。

外付けhddの不具合には以下のような症状があります。パソコンや機械を稼働させる場合はまず普段の音を覚えておくと良いです。何か異常があるばあいはカチカチ、カタカタというような音がします。明らかに異常と分かる状態が発煙です。分かりにくい症状としてはhdd/RAIDが認識されず、エラー表示が出るという場合です。その時はなんとなく強制終了や再起動をしてしまうこともありますが、なるべくこういった作業は行わないようにしましょう。外付けhddの不具合に関しては静電気や磁性体の影響で簡単にデータが失われることもあるので、直ちに操作を終了し、専門の外付けhddなどを扱うデータ復旧業者に作業を依頼しましょう。